cover

ep29. パリ症候群。巴黎症候群

知的。水曜放送
2020-12-02
18:57
0 則留言
尚無評分

收聽平台

kkboxspotifyapplegooglerss

👉巴黎症候群 是1991年(平成三年)時,由一位在巴黎聖安娜精神病院執業的日本的精神科醫師,太田博昭,所做的獨特觀察並賦予的名稱。它指的是日本人在法國巴黎工作或度假時,容易產生的一種精神紊亂狀態的現象。 👉適應不良的分析:期待過高、文化差異、語言學的觀點 👉filler word vs. 舌打ち(したうち) 👉歡迎來IG留言討論: https://www.instagram.com/japan.chiteki/ 👉也歡迎贊助大叔一杯黑咖啡,讓我們一起複習日語: https://pay.firstory.me/user/chiteki == 例句:(來源:Wikipedia Japan) (1)内的な要因としては、胸に描いてきた理想のパリと現実のそれとのあまりの落差(好例は「絵画のような美しい街並」とのイメージに対する現実の薄汚れた街並など)に対する当惑や、求める職が見つからない、語学(フランス語)も上達しない、などが重なることである。 ◍薄汚れる:うすよごれる //略髒 ◍当惑:とうわく //困惑 ◍重なる:かさなる  //交疊 (2)外的な要因としては、「場の空気」と表現されるような、感情を敏感に察して思いやってくれる日本の文化でのコミュニケーションと異なる、自分の主張を明確に伝えることが要求されるフランスの文化に適応できなくなっていることがある。社会的な要因としては、メディアや教育において伝えられているパリが現実と違うことがある。実際にパリに行く前に現実を知っていればこのような症状になりえない。 ◍場の空気:ばのくうき //當下的氣氛 == 片頭曲:La Vie En Rose, Édith Piaf 背景音樂:La Foule, Édith Piaf

0.00 分, 0 則評分

登入即可留言及評分

00:00 / 00:00