cover

ep33. 聖誕炸雞桶。KFC。桑德斯上校的逆襲。阪神虎

知的。水曜放送
2020-12-29
17:34
0 則留言
尚無評分

收聽平台

kkboxspotifyapplegooglerss

2020年對我而言是非常辛苦的一年。 謹以開頭一段熟悉的曲子,紀念我所失去的,並提醒自己要望向前方。 👉在日本要過聖誕節,必可見到家家戶戶晚餐一桶肯德基炸雞,是每年聖誕套餐的定番。 👉肯德基在日本的不思議,除了造就了吃聖誕炸雞的文化,還有讓許多球迷津津樂道的職棒阪神虎,都市傳說之肯德基爺爺魔咒。 👉歡迎來IG留言討論: https://www.instagram.com/japan.chiteki/ 👉也歡迎贊助大叔一杯黑咖啡,讓我們一起複習日語: https://pay.firstory.me/user/chiteki == 例句一: 日本のクリスマスの定番として、すっかり定着しているチキン料理。米国にはないこの習慣は、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が1970年代から大々的に展開してきた宣伝キャンペーンに由来するとされる。 KFCの1号店が1970年、名古屋に開店。その後も毎年約30店舗の割合でオープンし、1981年までにチェーン店の数は324店に増えた。 ◍定番:ていばん //常態會有的, 一定要做的 ◍チェーン店: //連鎖店 例句二: それは1974年にケンタッキーフライドチキンが「クリスマスはケンタッキー」というキャッチコピーを広め、カーネルサンダースがサンタの格好をする広告キャンペーンに成功したからであるとしている。 ◍キャッチコピー: catch copy //廣告裡的「關鍵文案」 ◍カーネルサンダース:桑德斯上校 ◍格好:かっこう 例句三: 「日本の経済力が急激に伸び、国民は初めて消費文化に没頭する金銭的余裕ができた,当時は米国が文化大国だったので、西洋のファッションや食べ物、海外旅行が絶大な関心を集めた」。 そこに目を付けたのが KFC だった。同社は1974年、「クリスマスにはケンタッキー」の宣伝キャンペーンに乗り出し、間もなくパーティバーレルのセットメニューを売り出した。 ◍没頭:ぼっとう //熱衷於 ◍目を付けた:めをつけた //注意 ◍パーティバーレル:party barrel //派對桶 例句四: 1985年(昭和60年)10月16日、阪神のセントラル・リーグ優勝が決まった際、狂喜し半ば暴徒化した阪神ファンらが大阪市南区(当時。現在は中央区)道頓堀のケンタッキーフライドチキン道頓堀店(現存せず)に設置してあったカーネル・サンダースの像を、優勝に大きく貢献した助っ人外国人のランディ・バースに見立て、制止しようとする店員に暴行を加えて担ぎ出し、胴上げの末に道頓堀川に投げ込んだ。 ◍半ば:なかば  //既…又… ◍見立て:みたて //選定; 預測 ◍担ぎ出す:かつぎだす //搬運人或物、投入選戰、開啟話題 例句五: この事件の翌年以降から、阪神タイガースは17年連続でリーグ優勝を逃しており、その急激に弱体化した原因は川底に沈められたカーネル・サンダースの呪いではないかと野球ファンの間で囁かれ、都市伝説として定着し。一部のファンは像が回収されるまで優勝は無理だと信じていた ◍呪い:のろい 詛咒 ◍囁かれる:ささやかれる //有傳言、臆測 == 本集內容參考資料: 1. CNN Japan: フライドチキンが「日本のクリスマスの伝統」になった理由 https://www.cnn.co.jp/business/35147384.html 2. 日文 Wikipedia: カーネル・サンダースの呪い

0.00 分, 0 則評分

登入即可留言及評分

00:00 / 00:00