cover

台灣和日本新年有何差異?

九十分的語言世界
2021-02-08
08:30
0 則留言
尚無評分

こんにちは、九十分の言語世界へありがとうございます。今日は十六番目に放送されて、いつもより少し違うのは先月1日日本と西洋の新年ばかりすぎたけれども、今週の金曜日はいよいよ台湾の新年です。日本と台湾のお正月の違いとはどのようなところでしょうか? 今から台湾と日本の新年では類似点と相違点が話したいと思います。 まず日本と台湾のお正月の違いは、なんと言っても新暦と旧暦の違いです。 日本のお正月の1月1日は台湾では元旦といいます。 年越しの意味で、お休みは1月1日だけです。 台湾のお正月は旧暦ですので、毎年日が変わります。だいたい一月から二月の間にあり、一週間くらいお休みになります。今年休みの日は二月10日から16日までです 次は兩方除夜があります。日本には大晦日呼ばれて。台湾には大年夜と呼ばれて 除夜の同じ意味だ. 日本のお正月は12月31日が大晦日で、年越しそばを食べたりしてわりと簡単に終わりますね。1月1日からお節料理などのご馳走いただき、お年玉も1月1日以降に配ります。 台湾では旧暦の12月31日の大晦日の日の夜にご馳走をいただきます。「除夕」というのは大晦日のことです。 除夜の晩御飯は年夜飯と呼ばれて いわゆる御馳走です。 その前主婦は自分で「年菜」を作るのは多いですが,最近年菜は既にできあがっている冷凍物の食品などを宅配サービスすることもできます。各ホテルやレストランでも年菜を売っているところもあります。コンビニやネットでも買うことができます。作らなくても大丈夫ですので、なかなか便利です。 次はお年玉ですね。台湾のお正月では除夕の大晦日にお年玉も配ります。年玉中国語で紅包です。ただ日本には元旦に配ります。これは兩方違うの点です 聽眾朋友大家晚安,歡迎再次收聽90分的語言世界。今天是我們這個節目第16次的播出,在今天的節目當中我們將為各位介紹新年。那我們都知道1月1號是元旦,這個時候也是日本以及西洋所過的節日。而這個禮拜的禮拜五也就是台灣的新年了。那麼日本跟台灣這兩個國家在新年的慶祝方面到底有什麼相同的地方呢?又有什麼不同的地方呢?我想這就是我們今天所要去介紹的主題。 日本跟台灣最大的不同地方是在於台灣所過的是農曆的新年,而日本所過的是國曆的新年;因為在台灣的話最主要是過農曆的新年嘛,所以元旦1月1日我們只有當天休假,可是呢,在農曆的新年的時候,我們大約會有一個禮拜的期間是放假的,那麼今年放假的節日是從2月10號開始那麼到2月16號結束。 此外,我覺得台日這兩個國家都有所謂的除夕夜。除夕夜在日本我們把它稱之為「大晦日」,也就是所謂的除夕的意思。那麼在台灣我們就把它稱之為除夕。另外呢,日本他們在除夕夜其實吃得就比較簡單,最主要的代表性的食物就是蕎麥麵。從一月一日開始那麼他們就會吃所謂的おせち料理、就相當於是台灣的年菜。比較不同的地方是在日本是在新年那一天他們吃得比較豐盛;那台灣的話是在除夕夜當天那我們就會吃得比較豐盛。我們在除夕夜所吃的飯就叫做年夜飯,年夜飯的話幾乎是一年當中最豐盛的一餐。以前的話都是家庭主婦自己做,那麼這種情況是比較多的。可是隨著整個時代的進步,最近所謂的年菜大部分來講我們可以用冷凍的食物做宅配,這樣的服務也都是可以的。所以不管是飯店也好、或者是餐廳也好、我們都會有年菜的販售;更甚者的話你也可以在便利商店或者是網路都可以買得到。因為現在主婦不做年菜而上網採購的,或者是從餐廳採購的情形越來越多,所以實際上也是非常的便利的。 另外還有一個不同的地方就是發紅包。紅包發放的時間也不太一樣,在日本大部分來講那他們都是元旦當天去做發放,那在台灣大部分都是在除夕夜當天發放,這就是我們兩個國家所不同的地方。

0.00 分, 0 則評分

登入即可留言及評分

00:00 / 00:00