cover

12.梵谷

日本報報
2021-03-18
05:57
comments
No Rating

Available Platforms

kkboxspotifyapplegooglerss

オランダの画家ゴッホは1890年に37歳で亡くなりました。ゴッホが生きている間に売れた絵は1枚しかなかったと言われています。死後の1901年3月17日にフランスのパリで開かれた展覧会で初めて高く評価されました。

ゴッホが生前に評価されなかったのは、絵があまり目新しかったからです。ゴッホはひまわりを何枚も描いていますが、鮮やかな黄色を使って線を重ねるように花を描きました。

同時代のゴーギャンとセザンヌも重要です。画面を明るく、はっきりと描くため、ゴッホは線を使いましたが、ゴーギャンは面を塗るように、セザンヌは立体を組み合わせるように描きました。

その結果、3人の絵はとても個性的になりました。それまでは写真のようなえが「いい絵」とされていたのですが、個性的な絵が「いい絵」となりました。3人の天才が絵画の常識を180度変えてしまったのです。