cover

40.停止仇恨亞裔

日本報報
2021-06-01
08:12
0 comments
No Rating

Available Platforms

kkboxspotifyapplegooglerss

ニューヨークに暮らすジャスピアニストの海野雅威さんは去年9月、地下鉄の駅で降りたところを8人の少年少女に襲われました。犯人は若い黒人のグループで、「チャイニーズ(中国人)」と話す声が聞こえました。海野さんは右の肩と腕を骨折し、全身を打撲。心の傷も負い、しばらく外出できなくなりました。現在、体の機能を回復させるリハビリを毎日続けています。その一環でピアノも弾けるように。一方で、演奏家として完全に復帰できるまで「何年かかるか、わかりません。」。

海野さんが米国に渡ったのは27歳の時。トランペット奏者の故ロイ‧ハーグロープさんの世界ツアーにアジア人として初参加するなど、憧れの人たちと共演も果たしました。「もし彼らに『日本人とは演奏しない』といった差別意識があったら、できていなかった。」

事件後、黒人の音楽仲間がクラウドファンディングで海野さんの高額な治療費などを支援する寄付を呼びかけました。現在までに日本円で3300万円以上集まっています。

日本の子供達にはこう語ります。「僕は勇気を出して渡米したことで、人生が豊かになりました。もし海外に出てみたい人がいるなら、諦めないで」。復帰した姿を見せることが誰かの希望になればと、リハビリに励みます。

0.00 stars, 0 ratings

Or Log In

00:00 / 00:00