cover

【元瓅玩樂誌】臺灣與日本最美的邂逅S2EP06___天守閣、豐臣秀吉、千利休、茶道 |元瓅書坊

元瓅書坊
2021-06-18
28:57
0 comments
No Rating

豐臣秀吉就得提到大阪城天守閣(OsakaCastle)本來是於16世紀由豐臣秀吉所建,在石山本願寺舊址上建造的。為了建造大阪城,他命令全國的諸侯都要參與興建工程,許多護城河及城郭的石塊也是由各地諸侯所捐獻而來,並且在三年內動用了數十萬名的勞工,以其辛苦的血汗建造而成。它不僅是大阪歷史文化、觀光旅遊的象征,更是大阪人精神上的寄托。現在人們看到的天守閣是1931年重新增成的,它外五層內八層,周圍環繞著堅固的城牆和護城河。是大阪的象徵。 のように、建てられてきた城の象徴的な高層建築、いわゆる天守をさらに流行させたのは豊臣秀吉である。豊臣秀吉により大坂城・伏見城と相次いで豪華な天守が造営されると、それを手本に各地の大名が自身の城に高層の天守を造営させた。このように天守は、織田信長、豊臣秀吉の織豊政権下において発達した「織豊系城郭」に顕著に見られることから、織豊系城郭の特徴のひとつにあげられる[16]。また、この時代に活躍した天守造営の名手として中井大和守正清・岡部又右衛門などが挙げられる。 天正11年(1583年)5月には、秀吉が近江坂本城で開いた茶会で初めて茶堂を勤めている。 天正12年(1584年)には、秀吉が築城した大坂城内の庭園空間である山里に、2畳の茶室を作っている[17]。その周りには垣と跳ね木戸が作られ(『宗湛日記』)、茶庭としての露地が生まれることとなった。これ以後、楽茶碗や竹花入などの茶道具を創作するようになる。 「侘び寂び Wabi-sabi」是一種以接受短暫和不完美為核心的日式美學。侘寂的美有時被描述為「不完美的,無常的,不完整的」。 「侘寂」起源於中國宋代(960-1279)的道教,後來傳入佛教禪宗(Zen Buddhism)。最初,「侘寂」被視為一種簡樸、克制的欣賞方式。今天,它代表了一種以較輕鬆的態度看待短暫、自然和憂鬱,喜愛世間萬物的不完美和缺陷,從建築到陶器再到插花均是如此。 「侘」(wabi)大致意思是「簡陋樸素的優雅之美」,而「寂」(sabi)意思是「時間易逝和萬物無常」,兩者結合在一起,形成了一種日本獨有的、對日本文化至關重要的哲理。但是,正如佛教僧侶相信的,語言是理解的敵人,這種描述只能觸及這一話題的表面。 侘(わび、侘びとも)とは、辞典の定義によれば、「貧粗・不足のなかに心の充足をみいだそうとする意識」。 本来、侘とは厭う(いとう)べき心身の状態を表すことばだったが、中世に近づくにつれて、いとうべき不十分なあり方に美が見出されるようになり、不足の美を表現する新しい美意識へと変化していった。 そして、禅と同様、「茶の湯を学ぶ上で一番悪いことは、我慢(慢心)我執の心を持つことである」として、禅と茶の一致を説いた。いわゆる茶禅一味である。その方向を、武野紹鴎(1502-1555)や千利休に代表される堺の町衆が深化させたのである。彼らが侘について言及したものが残っていないため、侘に関しては、彼らが好んだものから探るより他はない。 茶道大師為什麼要使用不完美的、質樸的茶具,日本學者解釋說「侘寂留下了一些未完成或殘缺的東西,可供人們發揮想像力」。日本茶道這個例子生動說明了達到侘寂境界的三要素:認識到作品創作中所涉及的自然力量;接受自然的力量;放棄認為我們與周圍環境是二元對立的信念。 「侘寂」以此文化核心逐漸融入日本人的日常生活,譬如像懷石料理,就是按照四季的流傳,選擇最當季的食材,利用新鮮和略加調味的菜餚,讓食客重返自然。我們大可以嘗試種植自己的蔬菜,或者不要丟掉稍有破損的水果,不盡完美的事物總流露著真切的感覺。 還有啊,對於一切有瑕疵的東西,不是丟棄反而重新再造。最有名的就是金繕(kintsugi)藝術——一種用金粉或塗漆修補破損陶器的手工藝。這個過程突出裂縫而不是掩蓋裂縫,讓裂縫也成為作品的一部分。這類不均勻不對稱的對比下,渾然天成,不是人力所能為之。 利休在政治外交上兼任秀吉的左右手,如天正15年(1587)出兵九州,復興博多等都有利休的身影。而且,自從利休成為了秀吉的「茶頭」(首席茶師)前後,不少諸侯便紛紛拜入千家門下,成為了利休的弟子或茶友,建立了一個網路廣闊的交友網。但也是引發殺機的由來,他的人脈廣闊,並且形成一股勢力,容易遭到在上的忌恨,也因此1591年惹來殺生之禍。 利休非常驕傲的說過:「美は私が決めること,美就是,我說了算!」一代宗師殞落,卻也是對「侘び寂び Wabi-sabi」最終弔詭又令人費解的生命狀態。

0.00 stars, 0 ratings

Or Log In

00:00 / 00:00